teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


春季リーグ 2戦目 VS 大阪大学

 投稿者:4回生 粟飯原 徹士  投稿日:2019年 4月19日(金)00時54分53秒
  お世話になっております。
4回生 主将の粟飯原です。

神戸大学32(17-11、15-16)27大阪大学
で勝利いたしました。

昨年の秋季リーグでは敗北してしまった大阪大学に対してリベンジをするという強い気持ちで挑みました。

前半立ち上がり、4回生青木のパスから粟飯原のミドルシュートが決まり先制します。ディフェンスでは123のディフェンスがうまく相手にはまり、相手オフェンスに勢いを与えません。相手が流れに乗れない中、こちらは着実に得点を重ね前半8分時点で4-0とリードします。相手オフェンスも徐々に流れに乗りサイドや45のカットインから得点し反撃してきます。ただ失点後の素早いリスタートからの2回生奥田のミドルシュートなどで、点差を相手に詰めさせません。中盤、粟飯原が退場するピンチにもゴールキーパー4回生藤田の好セーブもありここでも点差を詰めさせません。前半最後の攻撃、センター青木からのノールックパスを空中で受け取った4回生サイドプレーヤーの藤原が見事なサイドスカイシュートを決め完全に神戸大学ペースで、17-11で折り返します。

後半立ち上がり、相手サイドが123の中に入り込みディフェンスの外側に作ったスペースから相手45がシュートを決め大阪大学が先制します。こちらも青木のカットインからすかさず得点を返します。後半徐々にこちらのオフェンスを攻略しだした大阪大学は123ディフェンスの裏側の広いスペースを攻め得点していきます。対してこちらのオフェンスはミスが出始め、多くの速攻をくらい3点差まで詰められます。ゴールキーパー藤田の活躍でなんとかしのぎながら、最後には不正入場などでこちらは4人になる展開にもなりましたが、時間がなくなり試合は32-27で勝利しました。

終始リードを保ちながら試合を進めることができたのは、失点後の速攻の意識が強かったからです。この部分は次にも活かし、後半ミスが出始めたところのオフェンスについてチームで話し合い次の試合に挑みたいと思います。

最後になりますが、応援いただいきましたOBOGの皆様ありがとうございました。4回生は残りの時間も少なくなってきましたが、これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
 
 

春季リーグ1戦目 vs神戸国際大学

 投稿者:4回生 石川竜太郎  投稿日:2019年 4月11日(木)22時16分30秒
  いつもお世話になっております。
4回生の石川です。
春季リーグ第1試合、神戸国際大学戦の結果報告をさせていただきます。

神戸大学 34(19-20,15-21)41 神戸国際大学
で敗北いたしました。

春季リーグ、初戦の相手は前秋季リーグで一部から降格してきた神国大で、秋季リーグ一部の得点王を取った相手エースをどのように封じるかをポイントとして試合に臨みました。
立ち上がり、主将粟飯原のカットインにより先制点をあげます。
DFでは、相手エースにマンツーマンをつき意図的に5対5を作り出しますが、広くなったスペースに走りこまれる相手OFに対応できず、カットインを許してしまいます。しかし、素早いリスタートから4回生武貞がシュートをねじ込み、4回生藤原がポストに上手くボールを落とすことで得点を重ね、相手の攻撃に食らいついていきます。前半途中まで相手のポスト中心に点を取られてはこちらの強力なフローター陣で点を取り返し、変わって入った4回生キーパー大西が相手エースの7mスローを防ぎ、流れを呼び込みます。今試合13得点の粟飯原のカットインや大西からのパスを4回生青木が決め切り、また3回生奥田の力強いカットインで相手選手を退場に追い込むなど、格上相手に前半を一点ビハインドで折り返します。

後半、相手は前半ボールを触らせなかったエースを下げ、こちらも1-2-3DFで対応します。しかし相手の素早いパス回しにDFが反応できず連続得点を許してしまいます。こちらも決定力のあるミドルシュートで応戦して、後半10分で25ー30と殴り合いのゲーム展開になります。しかしこちらのOFのミスから逆速攻を許し、点差を離されます。終盤、相手の退場を誘い流れを掴みかけますが逆転するための時間は残っておらず、7点差で敗北いたしました。

試合を通してやはりミスが目立ち、細かなミスが無ければ勝利も十分狙えただけに非常に悔しい敗戦となりました。次試合以降、勝ちを重ねれば一部昇格の目標にはまだ届く可能性は残っていますので、今回の試合から学び反省した箇所を修正し、次戦に繋げていきます。

最後になりましたが、応援、ご鞭撻をいただきましたOB,OGの皆様本当にありがとうございました。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
 

試合会場ご来場時の注意について

 投稿者:三回生 大西陽祐  投稿日:2019年 3月28日(木)23時10分46秒
  お世話になっております。
三回生の大西陽祐と申します。

我々三回生にとって集大成となる春季リーグが近づいて参りました。
今回は試合会場での駐車場利用についてお知らせいたします。


昨年度の秋季リーグにて他大学の関係者による試合会場や周辺道路での無断駐車が近隣住民の方々のご迷惑になり問題となってしまいました。
先日,中川より春季リーグの試合日程についてご案内をさせていただきましたが,大阪大学,佛教大学,関西福祉科学大学,龍谷大学に駐車場はございません。

つきましては,駐車場利用の可,不可に関わらず試合会場へは公共交通機関を用いてご来場いただき,やむを得ず車でご来場なさる場合は,必ず有料駐車場のご使用をお願いいたします。
お手数をおかけいたしますが,今後の円滑な大会運営のためご協力をお願いいたします。

春季リーグで好成績を残せるよう,現役一同精進いたしますので,ご声援のほどよろしくお願いいたします。
お時間がございましたら是非会場にお越しください。
心よりお待ちしております。
 

春季リーグの試合日程について

 投稿者:三回生 中川 貴雄  投稿日:2019年 3月13日(水)08時56分26秒
  お世話になっております。
春季リーグの試合日程が決定しましたので、報告させていただきます。

4月6日(土)   17:10~  神戸国際大学戦 於 太陽が丘

4月13日(土)  10:00~ 大阪大学戦 於 大阪大学

4月27日(土)  12:40~ 大阪教育大学戦 於 佛教大学

4月29日(祝)  18:00~ 龍谷大学 於 田辺中央体育館

5月3日(祝)  12:55~ 京都大学戦 於 田辺中央体育館

5月12日(日)  9:30~ 関西福祉科学大学戦 於 関西福祉科学大学

入れ替え戦
5月25日(土)  於 龍谷大学
11:25~  1部9位 vs 2部2位
14:15~  1部10位 vs 2部1位

会場へのアクセスは以下をご覧ください。

○山城総合運動公園(太陽が丘)
 TEL:0774-24-1313
 京阪宇治駅、JR 奈良線宇治駅、近鉄大久保駅から、それぞれバスで
 「太陽が丘」行きに乗車。約 15~20 分。
 駐車場あり 有料

○大阪大学 吹田体育館(大阪大)
TEL:06-6879-7120
  大阪モノレール「阪大病院前」より徒歩約5分
  阪急千里線「北千里」からタクシー1,200円程度
  駐車場なし

○佛教大学(佛教大)
 TEL:075-491-2141
 阪急京都線「大宮駅」下車、京都市営バス(206)「千本北大路」下車
 徒歩約 3 分、京都市バス(46)「佛大前」下車
 地下鉄烏丸線「北大路駅」下車、京都市営バス(北 8)「佛大前」下車
 京都市営バス(204・205・206・101)「千本北大路」下車徒歩約 3 分
 ※会場は鷹陵館です
 駐車場なし

○田辺中央体育館(田辺)
 TEL:0774-62-1501
 JR 学研都市線「京田辺」同志社前方面バス「田辺中学校前」下車徒歩 3 分
 近鉄京都線「新田辺」同志社前方面バス「田辺中学校前」下車徒歩 3 分
 駐車場あり 無料

○関西福祉科学大学(福科大)
  TEL:072-978-0088
  近鉄大阪線「河内国分」駅下車徒歩12分
  近鉄大阪線「大阪教育大前」駅下車徒歩10分
  駐車場なし

○龍谷大学 深草キャンパス(龍谷大)
 TEL:075-642-1111
  JR奈良線「稲荷」駅下車、南西へ徒歩約8分
 京阪本線「深草」駅下車、西へ徒歩約3分
 京阪市営地下鉄烏丸線「くいな橋」駅下車、東へ徒歩約7分
 駐車場なし

以上です。よろしくお願いいたします。

我々三回生はこの春季リーグが最後の公式戦となります。神戸大学ハンドボール部での集大成として、一部昇格を目標とし、悔いのないように全力を尽くします。
OB・OGの皆さま、お時間がございましたら是非会場にお越しいただき、応援のほどよろしくお願い致します。
現役一同、心よりお待ちしております。
 

3月の練習日程について

 投稿者:三回生 中川 貴雄  投稿日:2019年 3月12日(火)17時02分19秒
  3月の練習日程について

3月の練習日程についてお知らせいたします。
1~3日 関東遠征
6日 9~12 @長居体育館
7日 11~15 @加古川体育館
9日 13~16 練習試合 vs 神戸国際大学 @神戸国際大学
10日13~16 練習 @国文体育館
11日 9~12 練習試合 vs名古屋大学 @国文体育館
13日 13~16 練習 @国文体育館
14日 17~20 練習 @国文体育館
15日 13~16 練習 @国文体育館
16日 13~16 練習 @国文体育館
18日 13~16 練習 @国文体育館
19日 13~16 練習 @国文体育館
21~22日 10~18 天理合宿 @天理大学
25日 9~12 練習 @国文体育館
26日 9~12 練習 @国文体育館
27日 9~12 練習 @国文体育館
30日 9~12 練習 @国文体育館
31日 13~16 練習試合 vs HC神戸 @国文体育館

3月1~3日は、神戸大学OBである草川さんのご尽力により、関東遠征を行い、駿河台大学、駿台甲府高校、早稲田大学、上武大学と練習試合をさせていただきました。
関西の強豪校とはプレースタイルの異なる、関東の格上の強豪校と試合ができ、チームとしても部員個人々々としても、課題点などが見つかった大変収穫の多い遠征となりました。
このような貴重な機会を設けていただき、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

リーグ戦初戦まであと1ヶ月を切りましたが、この期間にチームの完成度を高め、一部昇格という目標に向けて、部員全員一丸となって頑張ります。

OB.OGの皆さま、ご都合のつく日に是非お越しください。
現役一同お待ちしております。
 

兵庫県大会の結果について

 投稿者:三回生 中川 貴雄  投稿日:2019年 3月 1日(金)12時00分31秒
  2月2日に行われた兵庫県大会の結果についてご報告させていただきます。
更新が大変遅くなり、申し訳ございません。

神戸大学 × 19-27 ○ TMC
               (7-16, 12-11)
以上の結果により、一回戦敗退となりました。
今年度の大会も例年と同様に、1.2回生のみで春以降の新チームを想定して挑みました。

前半序盤から積極的なDFを仕掛けますが、技術力とフィジカルのある社会人チームを相手に連続失点を許してしまいます。二回生右サイド 西の速攻や、今大会ゲームキャプテンを務めた二回生エース 奥田の得点により、なんとか食らいつこうとしますが、前半を7-16の9点ビハインドで折り返します。
後半に入り、相手のミスを誘う積極的なDFなどによりなんとか自分たちのペースに持ち込み、途中3点差まで詰めよりますが及ばず、19-27という結果で敗北となりました。

今大会は、怪我人も多く万全な状態で挑めたとは言い難いですが、格上のチーム相手に今の状態でどこまで出来るかが見えた、来年度以降のチームを見据えるにあたって価値のあるものでした。
また、体格差のある相手にどう立ち向かうのか、チームの雰囲気をいかにして盛り上げるのか、試合の中で問題点をどう解決するか、などの課題が見つかった良い経験となりました。
我々三回生は次の春季リーグで引退ですが、日々の練習の中で、来年度以降のチームに何が残せるのかを考え、また二回生以下には自主性や積極性をもってもらい、励んでいきたいと思っております。

最後となりましたが、応援、ご指導いただきましたOB,OGの皆さま方、ありがとうございました。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
 

2月の練習日程について

 投稿者:三回生 中川 貴雄  投稿日:2019年 2月 6日(水)16時41分1秒
  お世話になっております。
三回生の中川です。
更新が遅くなってしまい、申し訳ありません。
2月の練習日程についてお知らせいたします。

2月
2日 兵庫県大会
4~8日 試験期間
10日 11~14 @国文体育館
11日 13~16 練習試合 VS京都大学 @国文体育館
14日 13~16 @国文体育館
15日 13~16 @国文体育館
16日 8:30~13:00 練習試合 VS洛北高校 @洛北高校
18日 13~16 @国文体育館
19日 17~20 @国文体育館
21日 13~16 練習試合 VS 近畿大学、広島大学 @近畿大学
22日 13~16 練習試合 VS 京都産業大学、広島大学 @京都産業大学
24日 17~21 @加古川体育館
25日 11~15 @加古川体育館
26日 13~16 @国文体育館
27日 13~16 @国文体育館

2月16日は、神戸大学OBである草川さん、洛北高校監督の佐久間様のご尽力により、昨年度に引き続き、洛北高校にて練習試合をさせていただきます。
このような機会を設けていただき、この場を借りて御礼申し上げます。
実力のあるチームと試合をさせていただけることに感謝し、実りのある時間にしたいと思っております。

また、2月2日に行われました兵庫県大会の結果につきましては、後日改めてご報告させていただきます。
 

秋季リーグ総括をありがとうござました

 投稿者:井口 昭  投稿日:2018年10月20日(土)10時20分9秒
  粟飯原キャプテンと現役のみなさん、

秋季リーグ戦、お疲れ様でした。

粟飯原キャプテンがチームの問題点をきちんと分析してくれています。チームはそれらの課題解決に向けてこれからも練習を積み重ねて実力をつけ、来季に臨むことができると期待しています。

この秋季リーグも前の春季リーグと同じ4位で終わり、順位の向上はなかったですね。

みなさんのポテンシャルは高い(実力はある)と思います。でもそれを十分発揮できず、上位のチームに勝てないのは、どうしてか?その課題のヤマを乗り越えない限り、同じ結果になると思います。

それは、フィジカル面やメンタル面であったり、また戦術面であったりします。

60分間走り勝つことができる持久力、相手より速いからだのスピードやフットワーク、気持ちの上で相手に負けないこと(勝つ!という意識)、ベンチを含めて全員に声が出てますか(不必要な大声でなく、集中力を高めるための声掛け)、それと戦術面では、相手チームの研究や、ベンチの適切なタイムアウトを含めて試合中にウチに流れを持ち込む、相手に流れを渡さないよう的確に判断するのは誰か役割ができているか。試合のビデオがあればそれを見てウチの弱点を精査するのもよいかもしれません。

粟飯原キャプテンの総括の中にDFの問題点と課題をあげていますが、関西学連HPを見ると、6試合の失点(156点)は、下から2番目、最下位と1点しか違いませんから、ほとんど最下位です。失点が多過ぎると思います。DFの課題が急務かもしれませんね。

来春季までのこのオフが勝負です。みなさんの限られた時間での練習ですが、練習試合も多く取り入れながら、重点課題から一つひとつ、徹底的に解決していってください。

来季は今以上の成績が残せると期待しています。
どうか、みなさんがんばってください。


井口 昭/25回生

 

秋季リーグ 総括

 投稿者:主将 粟飯原 徹士  投稿日:2018年10月17日(水)13時12分41秒
  いつもお世話になっております。
三回生 主将の粟飯原です。

今回の秋季リーグは3勝3敗で4位という結果で終わりました。目標としていた一部昇格どころか入れ替え戦にすら手が届きませんでした。非常に悔しい結果となってしまいましたが、次の春季リーグでは目標を達成できるように今リーグにおける反省点を述べさせていただきたいと思います。

ディフェンスとオフェンスについてそれぞれ2点ずつあります。

まずディフェンスです。1つ目は、逆速攻による失点の多さです。リーグ戦全体を通して逆速攻で失点をすることが多くありました。これは攻守の切り替えの遅さと声かけの少なさが原因だと考えています。2つとも意識をすれば解決できることだと思います。なので日頃の練習から常に意識するようにやっていきたいと思います。
2つ目はフォローの意識の低さです。一対一で1人が抜かれてしまったときに、フォローによってサイドまでもっていかしたり、クロスアタックでフリースローをとるという場面が少なかったです。ディフェンスの粘り強さを出すためにもこのような場面をもっと増やしていく必要があると感じました。

次にオフェンスです。1つ目はミスの多さです。シュートの精度やパスの精度などにおいてミスが多く、ミスから失点するシーンが目立ちました。ディフェンスの課題であげた逆速攻の失点の多さはミスの多さも原因の1つです。バックステップを大きくとるなどの基本的なことから見直していきたいと思います。
2つ目は、一点が欲しい時に自信のあるセットプレーがなかったということです。絶対に一点を取りに行けるプレーがあれば試合の流れなどをもう少しコントロールすることができたのではないかと感じました。また相手のディフェンスが123の場合は特にそのようなセットプレーを持っておくべきだと思いました。

以上が試合を通して見つかった課題です。そしてこれらに加えて春季リーグまでの大きな課題として、体力がまだまだ足りないこともわかりました。ディフェンスにおいてもオフェンスにおいても疲れてくると精度が下がってしまうので、春までに体力をもっとつけられるようにトレーニングしていきたいと思います。
春までにこれらの点を改善して、もっと勝てるチームを作っていきたいと思っております。
以上で総括を終わらしていただきます。

最後となりましたが、応援していただいたOB.OGの皆様、ありがとうございました。これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

 

秋季リーグ 第5戦 vs立命館大学

 投稿者:三回生 武貞信哉  投稿日:2018年10月 9日(火)15時54分47秒
  いつもお世話になっております。
3回生の武貞です。

秋季リーグ第6戦、立命館大学戦の結果を報告させていただきます。
神戸大学 26(11-18、15-20)38 立命館大学 で敗退しました。

試合開始直後はキャプテン粟飯原のシュートやキーパー藤田のセーブにより、格上の立命館大学相手に食らいついていきます。ポスト小松との連携などから得点を重ねるも、じりじりと引き離される形で、11-18で前半を折り返します。

後半に入りサインを用いたセットオフェンスで確実にシュートを決めていきますが、相手に対応され始め、徐々にミスが目立ち始めます。

一方ディフェンスでは、相手の速いパス回しからエースの正45や正サイドに点を奪われ、また逆速攻により点差を広げられます。その後3回生藤原と同3回生の青木を中心に神戸大学も点を重ねるも最後まで追いつけず、26-38で敗北しました。

今回は個々人の基礎的な技術の違いを痛感した試合でした。特に相手が元1部とはいえ、確実にシュートを決める力というのは、見習うことの多いものでした。

神戸大学はこの試合をもちまして、2部4位 残留という結果で秋季リーグを終え、1部昇格という目標を達成することができませんでした。春季リーグまでは、八大戦や秋季リーグでの内容を反省し、改善に取り組んでいきたいと思います。

最後になりましたが、応援、ご指導をいただきましたOB、OGの皆様本当にありがとうございました。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/62