teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:29/90 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

航空身体検査2

 投稿者:なかこう  投稿日:2003年 5月 6日(火)19時46分10秒
  通報
  よっちさん、檜町は江戸時代は毛利家中屋敷(のはずです)でした。跡地は法律により埋蔵物文化財発掘調査中です。今年に入って一度遺跡現地説明会として一般公開しました。東京でしたら大体どこもそうですがあれだけ広いと縄文時代から江戸時代までまんべんなく遺跡・遺物が出土します。全体的にみると江戸時代の遺跡ですが、石器時代の遺物も少なからずありました。縄文時代の竪穴式住居も少々あります。一番興味深かったのはやはり毛利家御殿の中心に埋められていた(地鎮祭の際埋めたという=気を静めるためという)金貨2枚でしょう。
 私の現在住んでいるのは六本木六丁目です。事務所のある青山一丁目へは自転車で通っています。行きは檜町跡地前をとおります。帰りは別の道路が多いです。

 航空研M2さん、自己紹介が遅れました。当方はよっちさんより少しはひねております。実はうん十年前航空学生を受験しました。近眼でしたので当然駄目ですが当時はどうしても受験してみたかったです。航空学生の受験レベルとは違いますが久しぶりに航空法から航空身体検査の項を調べようとおもいましたが条文まで到達できませんでした。前にハウツー本で見たときにはレーザー治療によって回復した視力は認めないと条項に出ていたのを記憶してます。それが現在ではオルソケラトロジーによる視力回復も駄目なのですか?レーザー治療ですと角膜とかの厚さが薄くなり強度の風が当たるとまずいという話でしたがコンタクトによる治療法の場合それほど問題ないような気がしますが。
 
 
》記事一覧表示

新着順:29/90 《前のページ | 次のページ》
/90